ウミガラス Uria aalge inornata
Common Murre

2015.3.26 ウミガラス成鳥冬羽から夏羽に換羽個体 撮影:寺沢 孝毅

全長:44cm
環境:海岸
天売島では国内で唯一繁殖しており冬鳥としても飛来し、春から夏と冬に記録される。
天売島での観察時期:1・2・3・4・5・6・7・8・11・12

天売島での歴史

 ウミガラスは、北半球北部の海に広く分布していて、数十万羽もの集団繁殖地が多数あります。国内ではかつて北海道の数カ所の離島で繁殖していましたが、現在では天売島だけになってしましました。天売島では1963年に8000羽いたという記録がありますが、捕食する魚の減少や漁網にかかってしまうなど、2009年には15羽にまで激減しました。
 ウミガラスは現在、日本においてごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い種に指定されています。

復活を目指して

 絶滅の危機に瀕しているウミガラスの減少を食い止めるため、天売島では1990年からウミガラスの集団繁殖する習性を利用した誘い込みが始まりました。かつての繁殖地にウミガラスのデコイ(模型)を設置し、さらにスピーカーから鳴き声を流してあたかも本物の仲間がいるように思わせおびき寄せようとしましたが、ウミガラスは減る一方でした。そこで当初流していたアメリカのウミガラスの鳴き声を天売島で録音した鳴き声に変えたところ、ウミガラスが集まりはじめました。
 その後も紆余曲折を乗り越えた結果、2011年から9年連続で繁殖が成功し、2019年は63羽が天売島に飛来、保全活動を始めてから最大となる23羽のヒナが巣立ちました。

2016.1.15 ウミガラス成鳥冬羽 撮影:寺沢 孝毅

2016.11.17 ウミガラス成鳥冬羽 撮影:寺沢 孝毅